パラリンアートホームページはこちらをクリックください。

既存のパラリンアートHPはこちら

society

  • 社会
  • 日本の社会
  • 2020年11月6日

~ユニバーサルデザインをもっとシンプルに~ AI搭載最新機器で視覚障がい者の生活を豊かにーじぶんテック株式会社 谷口 郁馬さん

 ”ユニバーサルデザイン”とはなんでしょう?

皆さんは何を思い浮かべますか?

辞書によると、【ユニバーサルデザイン:高齢であることや障害の有無などにかかわらず、すべての人が快適に利用できるように製品や建造物、生活空間などをデザインすること。】】つまり、多様な人々が社会に参加する上での障壁をなくすことです。

今回は、視覚障がい者の方へもっとシンプルなユニバーサルデザインを目指し、AI搭載の「オーカ マイリーダー2/オーカム マイアイ2」など最新視覚支援機器定額で利用できるサービスを展開するじぶんテック株式会社 代表取締役・谷口 郁馬さんにお話を伺いました。

暮らしを豊かにする最新視覚支援機器を、多くの人へ届けたい。

———御社の立ち上げのきっかけを教えてください。

以前勤めていた会社で、オーカム社製品の販売を担当していました。
オーカム製品を体験された多くの皆さんは、「すごい!」「欲しい!」」と口を揃えて言って頂けました。しかし、値段が高くほとんどの方が購入できないという現状がありました。

障がい者の皆さんの日常生活用具の購入をサポートする給付金もありますが、自治体によってオーカム製品が日常生活用具と認められなかったり、認められても上限額があり大幅に自己負担があったり、再給付の資格を得るまでに数年かかるケースがあります。

視覚に障がいがあると、まず困るのは文字が読めないということです。目(視覚)からの情報は80%以上を占めると言われています。また点字の識字率も10%ほどと言われており、現代の情報社会で、視覚障がい者の多くの方が情報弱者である。という事が現実です。

日常生活の中で目(視覚)から得る情報は無限にあります。また、教育、就労における情報収集も必須です。脳は知識を求めているのに、知識を得ることも難しくなります。情報・知識を得ることが難しいということは、その人の人生の進む方向が大きく変わってきます。特に、小さなお子さんや学生の学習時間の損失はとてももったいない。

このオーカム マイリーダー2/オーカム マイアイ2を使えば、多くの情報を自立して得る事が出来、今までとは違う質の高い日常生活を送る事が可能です。また、教育・労働分野におけるパートナーともなり、、自立して出来る事が大幅に増えます。

しかし製品価格が高く必要としている人の手に届かない・・・。それならば、手の届く料金で月々定額で利用できるサービスを作ろうと独立し、この会社を設立しました。

———オーカム マイリーダー2/オーカム マイアイ2の機能について教えてください。

*最新AI機能搭載のオーカム・マイアイ2。
思ったよりも小型で軽量。

オーカム マイリーダー2/オーカム マイアイ2は、全盲及び弱視の方のためのウェアラブルAI視覚支援機器です。100円ライター程度の大きさの機器をメガネに装着するだけですぐに利用できます。難しい設定や配線の必要はなく、インターネット環境無しで、箱から出して充電すればいつでもどこでも利用する事が出来ます。では、主な機能を紹介します。

【オーカム マイリーダー2/オーカムマイアイ2の機能】

1、活字の読み上げ
印刷物や書籍、レストランのメニュー、PC画面等あらゆる活字を瞬時に読み取り、読み上げてくれます。。

2、人物の顔認証・登録目の前にいる人物の性別と人数を教えてくれます。また100人まで名前を登録する事がで可能です。

3、バーコードを識別・学習
バーコードを撮影すると商品名を読み上げて教えてくれます。また登録されていないバーコードには名前をつけて登録することができます。※

4、紙幣の識別
撮影した紙幣の種類を教えてくれます。

5、色の識別
指を指した色を読み上げて教えてくれます。

6、日時の読み上げ
腕時計を見る動作をすると日時を知らせます。

7、日本語と英語の2カ国語対応
日本語と英語をそれぞれ自動で検出し、読み上げます。

8,インターネット環境無しで使用可能
いつでもどこでも使用する事が出来ます。

9、Bluetooth接続
Bluetooth対応スピーカーやイヤホンに接続できます。

10、ソフトウェアアップデート
アップデートによりいつでも最新の機能・技術を使用する事が出来ます。


———こんな小さな機械にたくさんの機能が詰まっているのですね。どのような技術が使われているのでしょうか?

この機器は、スタートアップ大国と呼ばれるイスラエルの会社オーカムテクノロジーズ(OrCam Technologies)が開発しました。

オーカムテクノロジーズは、2010年にアムノン・シャシュア(Amnon Shashua)教授とジブ・アビラム(Ziv Aviram)氏によりイスラエルで設立された企業です。

彼らは、自動車の衝突回避システムを開発・提供する「モービルアイ(Mobileye)」の共同創業者です。1999年に創業されたモービルアイは、独自のアルゴリズムによる衝突回避システムを開発し、世界中の自動車メーカーに採用されています。

オーカムマイリーダー2/オーカムマイアイ2は、この自動車の衝突システムに利用されている最先端のコンピュータビジョン&AI技術を搭載した画期的で信頼のおける商品です。

———御社が考える月定額サービスというのは、どのようなものですか?

オーカム製品に限らず、これからも新しい機器は続々と出てくると思います。それらの高額機器を、手の届く定額で使えるようにし、他機種へ変更を可能としているため買い替えが不要になります。

また、破損や故障時も無償で対応する予定です。

———どのように販売をされているのですか?

現在、弊社では主に企業や自治体にサービス導入を進めています。
障がいと言っても様々ですが、とりわけ視覚障がい者は一般企業への就職が難しいと言われています。

僕も相談を受けたことがあるのですが、企業側も視覚障がい者を雇用したいけど、仕事面で活躍できる場の提供ができないとか、サポートの仕方がわからないという悩みを抱えています。これらは、オーカムマイリーダー2/オーカムマイアイ2を導入することにより大幅に解消できると思います。

また令和元年6月、「視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する法律」いわゆる「読書バリアフリー法」が可決・成立しました。今後国や自治体は、視覚障がい者等の読書環境を完整備する施策を実施する責任がありますので、図書館等を中心に自治体にも積極的にPRを行っています。

本当は個人向けに一人一台持てるというのが理想ではありますが、まだまだ費用も高いので、まずは必要な場所にオーカムが必ずある、という状態を目指しています!

———費用はどれくらいでしょうか?

走り出したばかりで、現状価格調整中になっています。
詳しくは是非お問合せください。

問合せはこちら

じぶんテック株式会社
TEL:03‐6555‐4605
Email :info@jibuntech.co.jp

 

ユニバーサルデザインな世の中を目指す。

———今後、どのような事業展開をお考えですか?

現在は、このオーカム・マイアイ2を中心とした視覚障がい者向けの支援機器のみの取り扱いですが、今後は、最新点字プリンターや、聴覚障がい支援機器等、様々なアイテムを揃え、サブスクリプションで展開していきたいと考えています。

 最新機器で障がいがある方の生活を少しでも豊かにできるよう、これからも頑張ります!

この記事をいいねと思ったら!

    3+
    いいね!

Related Post

What's New

公式SNS