パラリンアートホームページはこちらをクリックください。

既存のパラリンアートHPはこちら

column

  • コラム
  • Yuzuka
  • 2020年4月16日

【恋愛エッセイ】正しい恋愛って一体何?

取材・テキスト
yuzukayuzuka

「正しい恋愛って何だろう」って答えが、ずっと出せずにいた。

 

絶えず幸せであること、苦悩を感じないことが恋愛の正解であるとするならば、それはもはや、不可能と言えるかもしれない。

さて、「いろんなかたちの恋愛」?

社会的意義のある記事でいっぱいにしようと舵を切ったこのキクエストに、恋愛についてのコラムなんて、果たして必要だろうか。疑問に思う方も居そうだと思いながらも、私はまた思いを巡らせる。

 

「恋愛で悩んでいる人に向けてコラムを書いている」と言うと、「たかが恋愛に、そんなに頭を悩ませている人がいるの?」と、頭を捻られることがある。

彼ら彼女らにとって恋愛の悩みは「たかが」の分類に入り、それは職場のトイレットペーパーがダブルからシングルに変わって困っている。というくらいの、人生という器の中で言えば、ほんの少しの異物感でしかないのだろう。

 

確かにそうだ。

世の中には考えなければいけないことが、恋愛の他にだって、本当に本当に、たくさんある。意中の彼が浮気しているかどうかやきもきしている暇があったら、少しでもYahoo!ニュースを開いて今日の政治問題に頭を悩ませる方が、よっぽどクレバーかもしれない。正しい恋愛についてなんて考える前に、正しい働き方について考える方が、よっぽど今風だ。

だけど、そこで疑問を呈したい。本当に、「たかが恋愛」だろうか。

 

日本の少子化問題は、年々深刻になっている。また、女性の未婚率も、上昇を続けている。

結婚願望のないことが正義か悪か、という議論はさておき、勿論これには、コラム一本では足りないくらいの善悪様々な理由が絡みに絡み合っているわけだが、それでも身近に、日々「恋愛がうまくいかないから死にたい」と届き続ける恋愛相談を目の当たりにしている私から見れば、やっぱりそれは深刻で、少なからず確実に、未婚率とか、少子化とか、そういったものにも影響していると思うのだ。

恋愛のことは「たかが」で一括りにしてしまう人物に、家族について尋ねると、「大切だ」とか、「人生で一番優先すべき宝物だ」という答えが帰ってくることがあるが、彼らは一様にしてその矛盾に気付いていない。

 

皮肉にも彼らが「たかが」と笑った恋愛は後に、彼らが人生で一番優先すべき宝物だと答えた、「家族」に繋がりうるものなのである。

さて、そんなこんなで私は恋愛を、人間の人生にとってとても大切なものだと感じているわけだが、だからこそ「正しい恋愛は何か」という答えにはなかなかたどり着かず、「恋愛は難しいなあ」とパソコンを窓から放り投げたくなることもある。

だけどそんな私にも「これはもしかしたら、『正しい恋愛』なのかもしれない」と感じる瞬間があって、その瞬間というのは、大抵パソコンの前で恋愛相談に向き合っている時以外に訪れる。

 

それはどんな男性と付き合っているかとか、どれだけ女性側が美女であるかとか、年収とか、職業とか、そんなこととは無関係に、ただただきらめく「素敵な関係性」、言い換えれば、「幸せそうな笑顔の二人」を見た時に感じる感触だった。

悩みがないわけではない。いや、むしろ、他のカップルよりも乗り越えるべき問題は多いかもしれない。それでも彼らは彼らなりのルールや思いやりの示し方で、悩みを苦痛に変換せず、導きあって生きている。

 

多分、「正しい恋愛」なんて、無いのかもしれない。

正解も不正解もない。教科書なんて存在しない恋愛という難問をクリアするために必要なのは、頭でっかちな恋愛テクニックが書かれた参考書なんかよりも、ふたりで作り上げる関係性がキーになってくる

私達はつい、幸せになるための正しい相手を探そうと踠いてしまうが、多分そんなことよりも、今ある誰かとの関係性を見直した方が、恋愛は、人生は、豊かになるのだと思う。

苦しい恋愛についてのコラムを書き続けることは簡単だ。私の過去の痛々しい経験談を書き綴り、痛みに寄り添い、思い存分共感を誘えば良い。でも、恋愛に迷う私達に本当に必要なのは多分、素敵な関係性を築く、この世界にたくさん存在している「素敵なカップル」の話を聞き、そして、彼らのちょっとしたコツを、盗んでみることだと思う。

笑顔が素敵なカップルの毎日の過ごし方。デートの場所、ラインでよく使う絵文字。小さなことから、大きなことまで。笑顔溢れる恋人同士の秘密など、ぜひ探ってみて欲しい。

そしてなによりも私は「素敵な恋愛はこの世の中に、いくらだって存在するんだ」って、みんなにもう一度、信じてほしい。

 

もしもこのコラムを通して、「恋愛をしてみよう」って前向きになれる人がいるのだとしたら、それはちゃんと「社会的に有意義な記事」ってことで、認めてもらえるかしら。なんて思いながら、今日もまたいろいろな恋愛のかたちについて、ちょっと思いを馳せてみる。

(PR:結婚のお悩みに寄り添うTOTALパートナー【THE PARTNER】


yuzuka

恋愛エッセイを中心に書いている作家、コラムニスト。著書に「大丈夫、君は可愛いから。君は絶対、幸せになれるから」(KADOKAWA)「LONELY?ねえ女の子、幸せになってよ」(セブン&アイ出版)がある。

 

この記事をいいねと思ったら!

    1+
    いいね!

Related Post

What's New

公式SNS