パラリンアートホームページはこちらをクリックください。

既存のパラリンアートHPはこちら

society

  • 社会
  • SDGs
  • 2020年1月21日

SDGsってなあに?東急百貨店編~おたまじゃくし中西の大人の社会見学~

小川さん そうですね(笑) 当社は、以前からエシカル(倫理的であること)やサステナブル(持続可能性)を重視しています。ですので、会社として過去から行ってきた企業理念の目線に加えて、SDGsの何番に当てはまるからもっと掘り下げようとか、何番だったらこういった事ができそうだよねという風に、企業理念とSDGs両方の目線で見ています。

中西 やはりそうなんですね(エシカルってなに・・・)

知ってましたよ風は板についています


小川さん
 SDGsに繋がっている具体的な事例はこのあとお話しますが、この企業理念を大事にしている東急百貨店は、2018年からビジネスモデルも変化していまして、お客様との接点にも変
化が起きています。

中西 というと?

小川さん 百貨店内で展開している食品部門や化粧品部門を百貨店の外に専門店として出店したり、グループ企業が他の商業施設などへの人材派遣サービスも行っていまして、百貨店のノウハウを濃縮し、自分たちから外に出ていく方針を取っています。

中西 ほ〜〜〜〜!色々やられてるんですね!!(感心)

立ち上がる中西


小川さん
 そうなんです。色んなお客様と接点を持つ事で「hug everyone.」の理念に沿った働き方を作っています。ここからは、この理念に沿った動きが、果たしてSDGsにどう繋がっていくかをお話します。

中西 はい!

hug&ethical

大谷さん まずは先程お話した「エシカル」の点からお話していきます。

中西 (エシカルきたっ!!)あの、、、先程チラッと仰っていたエシカルについて教えてほしいです。なんだか小難しそうで震えています。

座る中西


大谷さん
 安心してください(笑) 簡単に説明すると、「人や環境に優しい品物を選んで買いましょう。そうすることで自分の価値も上がりますよね」という取り組みです。

中西 なるほど!分かり易い(安心)!!

大谷さん 昨年だと2019年6月に、地球にやさしい暮らしを考える「hug&ethical~知って、考えて、伝えて、つながる~エシカルキャンペーン」を実施しました。商品をフェアトレード、アップサイクル&リサイクルなど8つの切り口でご紹介する取り組みです。※参照 東急百貨店リリース https://www.tokyu-dept.co.jp/corporate/press/whats_new/2018_0528.pdf
これは、SDGsという言葉が世間で今ほど知られていない頃から実施していた企画なのですが、以前は中々ご理解いただけず、満足のいく結果を出すことには繋がらなかったんです。

中西 確かに。僕とかだと、それよりも自分が欲しい商品が最優先で、結果的に偶然地球に優しければ良いやって思ってしまいます。

大谷さん 本当にその通りです。ですので2019年からは、エシカルから入るのではなく、お客様が気に入った商品が結果的にエシカルなものであることを意識しました。可愛いと思っていただくことやこれ何だろうというところから入ってもらうために、カタログのビジュアルも一新したんです。
※参照 東急百貨店ニュースhttps://www.tokyu-dept.co.jp/shibu6/detail.html?id=2311



中西
 ほんまですね。ホームページ拝見しても、すごく取っ付き易い気がします。

大谷さん 6月に実施したこともあり、雨季を快適に過ごすための商品を買おうと思って手に取ったら結果的にエシカル商品だった、という流れを作りました。

中西 お客様の反応は、やっぱり違いましたか?

大谷さん そうですね!入口のハードルが低くなったというか。カタログもお客様に手に取って見ていただけるようになりました。おかげさまで社内でも好評を得たので、2020年はhug&ethical期間を3週間に拡大するつもりです!

中西 すごい!これが結果的にSDGsに繋がっている取り組みの一つという事ですよね?

大谷さん そうです!フェアトレード、リサイクル、無駄の削減等、この継続的な行いは自然とSDGsに繋がっています。他でも例えば、「渋谷ヒカリエShinQs」では省エネ型自然冷媒機器を日本で初めて導入することで、環境配慮型施設として環境対策を行っています。この施策は、環境省主催の「省エネ・照明デザインアワード2012」の商業・宿泊施設部門でグランプリを受賞しました。また、会社としてhug everyone. 、SDGsを実施する姿勢を持っており、各店に対してSDGsに繋がるコンテンツを提案するように方針を発信しています。
※参照 環境省ホームページhttp://www.env.go.jp/earth/ozone/hiyasu-waza/biz/cs_tokyuhyakkaten.html

会社ってすごい。

この記事をいいねと思ったら!

    2+
    いいね!

公式SNS