パラリンアートホームページはこちらをクリックください。

既存のパラリンアートHPはこちら

society

  • 社会
  • コラム
  • 2019年7月17日

発達障害だと保険に入れない……? 審査結果発表!

取材・テキスト
姫野 桂

先日の連載で、発達障害であると生命保険及び医療保険に入れない可能性があるとお伝えしました。

保険は年齢が若いうちに入っておくと掛け金が安く済みます。今後のことも考え、生命保険及び医療保険に入ることを検討し始めた私。特に、最近芸能人でがんを公表する方が増えたり、実際にがんで亡くなる方のニュースが多いので心配になり……。

掛け金が高い!

そこで、保険会社の担当の方に相談し、商品を持ってきていただきました。初めてきちんと保険と向き合った結果、率直な感想は、掛け金が高い! 外資系の保険会社だったので円建てとドル建てがあり、円建てだとなんと月に5万円近く、ドル建てだと月2〜3万にまで下がりますが、為替の動きによって変動するリスクがあります。

 他にも安い掛け金で済む保険会社があるのでは? 

と、このとき考えこの保険に加入する意欲が失われていきました。

そして、発達障害とその二次障害で精神疾患を患っているため、審査に通らない可能性が浮上。審査の申込用紙には、今の自分の障害と疾患、飲んでいる薬の名称を書く欄がありました。私は2週間ごとの診察で薬の量や種類を調整してもらっているのですが、そのときはたまたま調子が悪い期間で、かなりの種類の薬を飲んでいました。記入欄の枠から漏れてしまうほどの量に、一瞬ドン引きした様子の担当者。

「難しいとは思いますが、一応これで審査にかけてみますね」

そう言われ、その日の相談は終わりました。おそらくダメだろうなと予想していましたし、何より掛け金が高すぎます。

審査の結果はやはり……

それから約1週間後、担当者から電話が。予想通り、審査に落ちてしまいました。

しかし、掛け金も高かったし、何より一番私が心配していたのは「がん」です。調べてみたところ、がんに関してもっと手厚いフォローをしてくれ、なおかつ掛け金が安い保険会社を見つけました。そして入れない条件をぱっとチェックしてみたところ、精神疾患は審査に含まれていません。今現在、がんにかかっていなければ入れる保険です。これなら今の私でも入れそうです。

また、がん以外の生命保険・医療保険は中学生の頃、既に母親がかけてくれていたので、名義を私に変更することで事なきを得ました。

選べば保険加入できる!

保険加入を考えている発達障害や精神疾患のある方、条件付きや保険会社を選べば入れる保険はあります。また、まだ医療機関にかかっておらず、発達障害や精神疾患の確定診断を受けていない方は、今のうちに加入すれば審査に通りやすいです。

他にも、月々の掛け金が負担にならないか、最悪の場合、保険会社が倒産して掛け金が戻ってこないケースもあるので、その会社の経営状況は大丈夫か、様々な視点から考えて保険を選んでみてください。

発達障害だから、グレーゾーンだから、精神疾患があるからといって、保険加入をあきらめないでください!

この記事をいいねと思ったら!

    41+
    いいね!

Related Post

What's New

公式SNS