一般社団法人障がい者自立推進機構 パラリンアート運営事務局

障がい者がアートで
夢を叶える世界を作る
  • パラリンアートムービー
  • 障がい者がアートで
  • 夢を叶える世界を作る

パラリンアートは登録商標です

要チェック

ピックアップ情報

アートレンタカーデザインコンペを開催します!presented by 株式会社HARU技研

アートレンタカーデザインコンペを開催します!presented by 株式会社HARU技研

たくさんのご応募をお待ちしております!

パラリンアート活動報告書の2018.4~2019.3版が完成致しました!

パラリンアート活動報告書の2018.4~2019.3版が完成致しました!

皆様のご支援により、多くの実績を残すことができました。

【プレスリリース】パラリンアートの新サービス、エリアスポンサー募集開始

【プレスリリース】パラリンアートの新サービス、エリアスポンサー募集開始

「地元を応援!」を目的とした地方創生型の協賛メニュー「エリアスポンサー」の募集を開始しました。

Special Supporterによるコラボトートバッグが発売(若月佑美さん応援動画付)!!

Special Supporterによるコラボトートバッグが発売(若月佑美さん応援動画付)!!

香川真司さん、五郎丸歩さん、田中大貴さん、若月佑美さんとのコラボ商品販売開始します。

電気契約でアーティストを応援する「パラリンアートEサポーター」開始しました!

電気契約でアーティストを応援する「パラリンアートEサポーター」開始しました!

皆様ぜひご参加くださいませ!!

『パラリンアート』シンボルマーク制定のお知らせです!!

『パラリンアート』シンボルマーク制定のお知らせです!!

~手塚プロダクション協力の下、「鉄腕アトム」を起用したシンボルマークが完成しました~

パラリンアートスペシャルサポーターの紹介

パラリンアートスペシャルサポーターの紹介

女子プロゴルファー 大和笑莉奈さんが就任!!

アーティスト登録&作品マニュアル

アーティスト登録&作品マニュアル

アーティスト登録&作品登録のマニュアルです。

応援企業の紹介

応援企業の紹介

パラリンアートを応援していただいている企業をご紹介。

「ソーシャルビジネスおよび社会貢献活動の取り組み」アンケート集計結果報告

「ソーシャルビジネスおよび社会貢献活動の取り組み」アンケート集計結果報告

「ソーシャルビジネスおよび社会貢献活動の取り組み」アンケート集計結果報告

財務諸表&アーティスト報酬

財務諸表&アーティスト報酬

パラリンアートの財務諸表とアーティストにお支払いした報酬の報告です。

 

障がい者がアートで夢を叶える世界を作る

パラリンアートは
障がい者アーティストとひとつのチームになり、
社会保障費に依存せず、民間企業・個人の継続協力で
障がい者⽀援を継続できる社会貢献型事業を⾏います。

パラリンアートプラチナパートナー

パラリンアートの活動内容

障がい者アーティストと“ひとつのチーム”になり、アート事業を行なっています。

パラリンアートソーシャルビジネス

アーティスト数(現在47都道府県 約550名登録)

  • パラリンアートは障がい者アーティストのアート作品(絵画・デザイン等)を、アート利用していただく活動を行っています。
  • 採用された登録アーティストや障がい者施設へ、アート利用報酬(社団の利益の50%)をお支払いします。
  • 希望する障がい者は誰でも無料で参加可能
  • アーティスト報酬は、2016年4月~2017年3月期で約700万超見込み

パラリンアートが果たす役割

障がい者の多くが抱える現状を改善したい

障がい者の多くが抱える現状
※内閣府、厚生労働省HP参照

社会参加への
周囲の理解の少なさ

周囲の理解の少なさ

金銭的困窮

国内障がい者総数:約740万人 (日本人口の約6%)

(身体障がい者:386万人 知的障がい者:62万人 精神障がい者:287万人)

※65歳未満の国内、障がい者数:約350万人(身体障がい:118万人 知的障がい:56万人 精神障がい:178万人)

公的/民間企業に就労している障がい者数=約49万人弱

(就労している障がい者数の内、身体障がい者が約70%をしめる)

障がい福祉サービスの実利用者数:約67万人

健常者の貧困率が16%であるのに対し、障害者の貧困率は56%

※平成22年厚生労働省「国民生活基礎調査」参照 貧困率とは、上記中央値の1/2未満の所得の者を指す

「障がい者の多くが抱える課題を解決する方法」は
依然として不足しています。

障がい者の自立推進を行う“パラリンアート”との連携で
PR効果の高い社会貢献型事業(ソーシャルビジネス)が可能となります。

事例および活動応援方法