一般社団法人障がい者自立推進機構 パラリンアート運営事務局

Japan Committed to SDGs

Japan Committed to SDGs

作家名山内 崇敬

山内 崇敬さんのプロフィール

出身地:山口県

高校2年の時に心身を壊し、生きていくために、そこにあった紙とペンを取り描き始める。以来、様々な技法を誰に教わるでもなく独学で作り続けている。
常識を疑い、新しく、けれど、当たり前の感覚。各個人がいつの間にか忘れてしまっている感覚を呼び起こす起爆剤になりたい。
ただ「こういうもの」の意識を脱ぎ去りたい。

≪magmukist≫マグムキスト~踊る人~
芸術創者と名乗ります。「magmukist」と。自分でつくった造語です。アーティスト−Artist−、単純に画家とは名乗りたくない。しっくりこない。
部分的に限られた感覚でなく、全人間として生きたい。〜大らかに、またどぎついマグマ精神で無意味な意味・ゼロを創る奇人〜 という意味を持ちます。
何よりもまっさらな素人の大らかさをもって。家・ツリーハウスのようなアートでできた家【アートハウス】を造りたい。
アートは生活のなかにある。だからこそ、『家』 が全てを物語る。


~経歴~
2010年5月・11月 文化ストリートアート化計画 Vol.3・Vol.4 グループ展参加
2011年2月 第37回宮崎県美術展 絵画部門 入選
2011年5月 文化ストリートアート化計画 Vol.5 グループ展参加
2013年 初個展 ~2018年 毎年、喫茶店「森の詩季」にて個展
2015年9月 テレビ宮崎UMKギャラリーにて個展
2015年11月 宮崎市美術展 平面の部・立体の部 各部入選
2017年12月 黒板アート作成 宮崎学園高等学校 平成31年度学生募集ポスター‣パンフレット表紙 コンペ採用・在校生投票当選
2018年5月 DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2018 in LONDON
~自身のホームページから声がかかり、ロンドンでの展示に参加
2018年12月 宮崎第一ホテルにて個展
2019年6月‣11月 WORLD PEACE ART EXHIBITION 2019 (From Yokohama to Vienna) 第27回国際平和美術展 参加


山内 崇敬さんの作品

戯れる

戯れる

鯉のぼり

鯉のぼり

蠢く

蠢く

覗き込む

覗き込む

ガネーシャ

ガネーシャ

アントニ・ガウディ

アントニ・ガウディ

猫

安らぎ

安らぎ

リピート

リピート

希望

希望

時間のギャップ

時間のギャップ

もどかしさ

もどかしさ

醜悪

醜悪

エネルギー

エネルギー

壁画

壁画

登録情報に「修正点」、「変更点」がある場合は、大変お手数ですがパラリンアート事務局までご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ