パラリンアートは、障がい者アート支援「ParalymArt」の一般社団法人 障がい者自立推進機構です。障がい者アーティストの経済的な自立を目的とし、彼らのビジネス支援を行っています。

お問い合わせ
Tポイント募金でパラリンアート支援
SOMPOパラリンアートサッカーアートコンテスト
報告記念冊子PDFダウンロード
賛同企業のご紹介Movie
パラリンアートの動画をご紹介
決算報告書
法人概要
Recruit  new artists アーティスト募集
P-goods&use licence パラリンアートグッズとライセンス利用
Recruit new collaborators サポーター、パートナー募集
Blog ブログ
ワカバ「いろいろのいろ」リリース
ペアレンツアライアンス
   
 

泉里彩

 

1979年 鳥取県生まれ  米子市在住   精神障害(非定形うつ)

 

幼少期は活発な女の子であったが、高校2年生の頃から心を病んだ。

新婚の夫と行った動物園の動物の絵を描いて夫に褒めてもらって、

以前から好きだった絵を20103月から本格的に描き始める。

 

朝起きて、薬を飲み生活がスタートし主婦業の合間に創作活動をしている。

夕方は精神的に落ち込んでしまうので、朝のうちに家事を済ませるようにしているが、体調が悪い時は自営業の夫が駈けつけてくれて、代わりに掃除等をしてくれる。

絵を描いていると精神的に落ち着くのは、内面を自由に自己表現できるからかもしれない。

絵を描いているときは、しんどくないので一日中でも描いていたいので、時間をセーブするのが大変なくらいである。

 

最近は大きな作品や画材・技法も新しいチャレンジを積極的にしているが、描けないスランプの時は夫の「描きだした最初の頃の気持ちを思い出してごらん」の言葉に励まされる。

特に地元の若手アーティストや一般の鑑賞者と絵を通して交流したりできるのは嬉しい。

自分の作品を人に受け入れてもらえるときの心の温かさ、そして感謝。

また、受け入れることも大切なことと思いながら、病気と共存しながら創作を続けている。


  • あなたと共に楽園で

  • はじめの1・2・3

  • 未来を夢みる子供

  • 楽しいな

  • 出逢い

  • 王様の行進

  • さんごしょうの仲間達

  • 十二支

作品